スポンサーサイト

Posted by Q210 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗の木ボディーに黄楊ネックのST

Posted by Q210 on 26.2010 栗ボディー、黄楊ネックのST 0 comments 0 trackback
毎日のように雨が降ってますね...。
息苦しいぐらいの湿気です。



今回紹介するのはかなり特殊な仕様の普通のストラトですw
ボディーに使用するのは100年以上前の栗の木です。
めちゃくちゃ乾いております!切ってる時の音がすでに違います。

P1040141.jpg
↑これが栗の木

P1040142.jpg
↑キャビティー類をザグリます。

P1040143.jpg
↑こんな感じ

P1040174.jpg
↑全てのザグリ加工を終え、木地研磨も終わったところです。

P1040175.jpg
↑ピックガードはスプルースで作りました。

そしてこのボディーとピックガードは漆塗りされる事になっているんです。
もちろんその筋の専門の人にやってもらいます。
非常に楽しみです。


で、その間にネックを作っておきます。
P1040032.jpg
↑ネック材はコレ。
なんと黄楊(ツゲ)です!
こんな大きな黄楊はめったに手に入らないでしょう...。最初で最後かな...。

P1040084.jpg
↑いつもどおりロッドを仕込んで指板を貼って、こんな感じ。

このまま漆塗りが出来てくるまでにネックは完成しておくようにします。

漆塗り、楽しみですねぇー。

...To Be Cotinued.

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://q210.blog133.fc2.com/tb.php/7-299f67ab

プロフィール

Q210

Author:Q210
Sago New Material Guitars工房の奥深く、毎日只ひたすらにギターを作る男。
「音楽が好き」「ギターが好き」のバンドでデビュー挫折組み。
次は楽器を作り、アーティストをサポートしていく事で、共に音楽を創造していけたらとたくらんでます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。