スポンサーサイト

Posted by Q210 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近Sagoイチオシのサーモメイプルネック!

Posted by Q210 on 12.2010 マッカーサーエボニートップのTLタイプ 0 comments 0 trackback
まだ本格的な夏をむかえていないにもかかわらず早くも夏バテ...いや、初夏バテ(?)により土日は2連休頂きました...。
冬の寒さにはそこそこ耐えれるのですが、どーも夏の暑さ、特に湿気にはものすごく弱いです...。

さて、体調も回復したということで、はりきって製作!



今回新たに製作し始めたのが、最近Sagoでは定番になりつつある「サーモメイプル」をネック材に使用したギター。
フィンランドで開発された技術で、木材を200℃近くの高温で特殊な高熱処理をすることで人工的に経年変化を与える技術です。
もともとは建築の分野で発達した技術なのですが、楽器にとっても都合の良い事がいっぱいあるんです。

サーモ処理された木材は吸湿排湿能力が低下するので、その結果[寸法の安定性]が向上します。
文頭からもわかるように、我が国には四季があり、1年中温度・湿度が安定しません。
サーモウッドをネック材に使用する事で過酷な状況下でも格段に安定した状態を保つ事が出来ます。
スポットライトや観客の熱気などで環境が変化するライブ会場なんかも、ある意味なかなかの悪条件ですからねぇ...。

更に、木材のヤニ成分が減少し、いわゆる経年変化と似た状態にもなるので、ヴィンテージのような鳴りも生まれます。

木材の色に茶褐色がかかってしまう事以外は、イイ事だらけなんです。

是非体感して頂きたいので、これからサーモウッド使用モデルをたくさん作っていきたいと思います!

P1040344.jpg
で、コレがサーモメイプル。茶褐色でしょ?

P1040346.jpg
いつものようにロッド溝を掘って

P1040347.jpg
ロッドを入れて。

P1040348.jpg
埋め木を挿入。

今日はここまで。

See You...

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://q210.blog133.fc2.com/tb.php/10-181a3e27

プロフィール

Q210

Author:Q210
Sago New Material Guitars工房の奥深く、毎日只ひたすらにギターを作る男。
「音楽が好き」「ギターが好き」のバンドでデビュー挫折組み。
次は楽器を作り、アーティストをサポートしていく事で、共に音楽を創造していけたらとたくらんでます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。