スポンサーサイト

Posted by Q210 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Classic Style-S 続々完成!

Posted by Q210 on 11.2011 サーモウッドネック仕様のストラト増殖中! 0 comments 0 trackback
お久しぶりです。

いやいや...つい先日もZEPP OSAKAにDEAD ENDさんを観に行かせて頂いた時に、足立祐二さんから言われました...。

「ちゃんとブログ更新してよね~。」って...。

確かに...。

ごもっとも...。

頑張ります...。


いやー、DEAD ENDかっこよかったー。
YOUさんギター上手過ぎでした。
スゲー安定感!安心して見れました!




で、そのYOUさんの使用しているSoniaにも使われているサーモウッドメイプルネックのストラトが続々と出荷されていっております。

spk_st.jpg
シェルピンクですね。

lpb_st.jpg
これはレイクプラシッドブルーなんですが、仕上げがつや消しです。
かなりイイ質感ですよ。


あと、Webにてボディーのカラーや若干のスペック等を選んでビジュアルと価格を確認出来るようなシステムを只今導入中です。
今月末ぐらいにとりあえずClassic Style-SはWeb公開予定です。
きっとテンション上がる↑んでまた遊んでみて下さい。
odstm.jpg
乞うご期待♪
スポンサーサイト

どんどんカラーリング!

Posted by Q210 on 21.2011 サーモウッドネック仕様のストラト増殖中! 0 comments 0 trackback
寒さも本格化してまいりました!

そろそろピークですかね...。

もう限界です...。



さて、サーモウッドネックが好評のClassic S ですが、
研磨も終えて次々とカラーリングされております。

P1010156.jpg
研磨後ベースコートも終えたボディー達。

P1010227.jpg
カラーリングを終えたボディー達。

カラフルでいいですね~♪

P1010215.jpg
定番のブラックです。

P1010220.jpg
バーガンディーミストです。
この辺の色合いってほんと難しいんです。
本家のカラーも年代や生産ラインによってかなりの差があるので好みが分かれるとこですね。

P1050227.jpg
こちらも定番、レイクプラシッドですね。
これまたかなりの差があるので好みが分かれるカラーですね。

完成が楽しみですね。

謹賀新年

Posted by Q210 on 04.2011 サーモウッドネック仕様のストラト増殖中! 0 comments 0 trackback
明けましておめでとうございます。
いよいよ今年もスタートしました。
正月気分も抜けきっていない状態ですが、ウォーミングアップな感じでスタート!

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて、例のサーモウッドネックのストラトですが

P1050135.jpg
P1050136.jpg
P1050137.jpg
アルダー材をひたすら切って、ザグって...

P1050153.jpg
こんな感じ。

P1050158.jpg
コンターも荒削りして

P1050159.jpg
整えて

と、旧年中はこんな感じで終了しておりました。

今日から作業再開です。

密かにブーム?サーモウッドネック。

Posted by Q210 on 24.2010 サーモウッドネック仕様のストラト増殖中! 0 comments 0 trackback
ジョルティーが工房に遊びに来てくれました。
早いものですね、彼がここを辞めハンガリーに帰ってもう1年が経とうとしています...。
色々と思い出話をしながら、「またいつか一緒に働けるといいね」なんて言ってるとアっという間に夜になってました...。

P1050149.jpg
最後にみんなで記念写真



さて、近頃ブーム(?)なサーモウッドネックのClassic Style-Sが増殖しております。
P1050099.jpg
コレがサーモメイプル

P1050101.jpg
ラフカット!

P1050103.jpg
トラスロッド溝を掘る!

P1050109.jpg
トラスロッドを仕込む!

P1050111.jpg
ヘッドの外周を抜く!ペグ穴も開ける!

P1050113.jpg
ヘッド厚を整えて、グリップも出す!

P1050154.jpg
でもって、指板貼ってフレット打ったのがコチラ!(なんか3分間クッキングみたいになってきた...w)
あとはナットを着けたら木地研磨ですね。

と、まあこんな感じでレギュラー物は仕様やカラーなんかもほとんど決まってるので、一気にザザーッとまとめて作ります。
その分オーダーものに比べてお安く提供できますので、好みの仕様と一致する方にはお得かもしれないですね。



 HOME 

プロフィール

Q210

Author:Q210
Sago New Material Guitars工房の奥深く、毎日只ひたすらにギターを作る男。
「音楽が好き」「ギターが好き」のバンドでデビュー挫折組み。
次は楽器を作り、アーティストをサポートしていく事で、共に音楽を創造していけたらとたくらんでます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。