スポンサーサイト

Posted by Q210 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走ですね。

Posted by Q210 on 23.2011 その他 0 comments 0 trackback
久々の更新です。
忙しいんです。
師走なんです。

ごめんなさい...。


早いもので、また一年が終わろうとしています。
歳を重ねるごとに一年が早く感じるのは何故なのでしょう?
毎日が充実している証拠なのでしょうか?
今年もSagoには色々とありました。
個人的にも色々ありました。
思い返すと確かに充実した1年だったのかもしれません。
新しいスタッフも増え、賑やかな年でした。
もちろん良い事も悪い事もありましたが、また大きく一歩前進した年でした。

.....まだXmasも終わっていないのになんだかシメの挨拶みたいになってしまった...。

ちなみにSagoは年末は28日までは通常営業しております。
29日、30日は開いてはいますが内部は大掃除中ですので、即日のリペア等には対応できない可能性が大です。
年末イベントLIVE等に向けて不安な方はお早めに。

12/31~1/3は休業いたしますのでご注意下さい。

あと、プチ情報!
つい先日、Sagoからギター&ベース用アクセサリーブランドとして新たなブランド[S_IX](シックス)が誕生しました!
来年から本格的に始動していくと思いますが、先駆けて代1段アイテムとして「東レ」のシルリードを使用したギターストラップ[Fairy]を発売!
fairy.jpg
カラーは5種類で価格は各¥3780(税込)です。

気になる方はチェックしてみて下さい。
スポンサーサイト

アクセサリーとか

Posted by Q210 on 07.2011 その他 0 comments 0 trackback
untitled.jpg
先日ニュースで見たベルギーの教会なのですが...。
この教会、向こう側が透けてるんです...。

untitled3.jpg
ある角度から見るとちゃんと教会なのですが、ある角度から見ると透明や半透明になったりするんです。
untitled4.jpg
いったいどーなってるの!?

untitled2.jpg
内部はこうなっているようです。

なるほど!

こういったトリック的なアートって面白いですよね。
楽器にもこんな刺激的なトリックができないものでしょうかねぇ...。

いやしかし芸術的ですねー!
関心しました。


芸術で思い出しましたが、この前ウチのスタッフが休み時間になにやらコツコツとアクセサリー的な物を作ってました。
P1010884.jpg
P1010902.jpg
P1010903.jpg
こういうのも一つのアートですよね。
音楽とファッションはやはり切り離せませんね。
楽器は音楽を奏でる道具ですが、アーティストにとってはファッションの一部でもあります。
そういう楽しみもあると思います。

真鍋貴之(SIBERIAN NEWSPAPER...etc)様、ご来訪。

Posted by Q210 on 16.2011 その他 0 comments 0 trackback
SIBERIAN NEWSPAPERでクラッシックギターを弾いてる反面、最近では元Siam ShadeのVo.HIDEKIとのコラボでM.A.Y feat.栄喜なる音源ではエレキでガッツリ歪んだギターを弾いていたりと、多才なギタリスト真鍋貴之。
そんな彼とは個人的に昔からのお友達で、今回Sagoでエレガットのモデルを作るにあたり色々と協力してもらうおうという事になり、そのプロトタイプ的なものがもうすぐ完成するので、丁度関西に来ていた本人に最終チェックしてもらいました。

P1060330.jpg

とりあえず見た目は合格のようです。

よかったよかった...。

ま、結局そんな楽器の話はすぐ終わり、昔話に火がついて....
挙句の果てには代表の高山も加わり最近の音楽シーンの話にまで飛び火し....
気づけば3時間以上経ってましたw

真鍋君にはこれからもどんどん有名になっていってガンガン協力してもらいましょうw

シベリアンニュースペーパー
M.A.Y feat.栄喜
真鍋貴之のブログ

ロックロックこんにちは!Ver.15 @舞洲

Posted by Q210 on 13.2011 その他 0 comments 0 trackback
先週10日の土曜日!
行って来ました「ロックロックこんにちは!Ver.15 」!

少し涼しくなったとはいえまだまだ暑く盛り上がった夏フェスでした!

Spitzの出番は最後、夜も更けて辺りが暗くなり雰囲気もバッチリ、最高のステージでした。

テツヤさんも1曲ですがSagoのギターを使って下さっておりました。
つい最近やっと完成したものなのですが、セミホロウ構造の少し特殊なものなので、仕様用途は限られてくるようですが感触は良い感じだとおっしゃってました。

草野さんはエレキの曲はほぼ青い方のClassic Style-Sを使ってくれておりました!
気に入って使って頂けているようで本当に安心いたしました。


ほんと、楽器を作る人生を選んだ事を幸せに思っています。

IMG_7851.jpg

Classic Style-JM

Posted by Q210 on 07.2011 その他 0 comments 0 trackback
台風が通り過ぎたら一気に涼しくなりましたね。
工房内が快適になってきました。
作業もはかどる感じです。


さて、最近はClassic Styleの注文がやたらと増えてきております。
やはりアーティストの方々の影響が大きいようですね。
ドンズバの注文もけっこうあります。

いちいち受注生産していると追いつかなくなるのが目に見えているので、
ボチボチと作っていく事にしました!

まずは最近人気があるJMタイプのClassic Style JM -戸高賢史 Custom Model-を数本製作中。
他のアーティストさんのカスタムモデルもボチボチと作っていくので、年末ぐらいには楽器屋さんにも出揃うのではないかと...(予定ですが...)

レギュラーラインナップとはいえオールハンドメイドで一本一本丁寧に作っているのは変わりないので、やはり量産といえる程の数は出来ません...。

P1060222.jpg
P1060221.jpg

Classic Style-JMはまだWebにもきちんと発表できていないにもかかわらず注文があります。
やはり最近ジャガー&ジャズマスターの人気が強いようですね。

ちなみにお値段はClassic Style-Sとほぼ同じぐらいです。
内容に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

 HOME 

プロフィール

Q210

Author:Q210
Sago New Material Guitars工房の奥深く、毎日只ひたすらにギターを作る男。
「音楽が好き」「ギターが好き」のバンドでデビュー挫折組み。
次は楽器を作り、アーティストをサポートしていく事で、共に音楽を創造していけたらとたくらんでます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。