スポンサーサイト

Posted by Q210 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE 夏服支給日!

Posted by Q210 on 23.2012 ロングスケールで24Fのアーム付き! 0 comments 0 trackback
久々の更新です...
すっかり暖かくなり、日中は暑いぐらいの日もしばしばあります。
ということで、やってまいりました毎年恒例の夏服支給。
IMG_2596.jpg
けっこうカラフルでしょ。
ポロシャツ派とTシャツ派がいてます。

IMG_2597.jpg
着るとこんな感じ。
新品はキレイですね。


えー、New Modelの製作過程、前回からの続きです。
P1070078.jpg
圧着された指板はこんな感じ。

P1070080.jpg
ヘッドのスロープ加工。

P1070084.jpg
で、指板のRをつけてから最終的なグリップ出しをします。

P1070085.jpg
フレットを打ってとりあえず完成。

ボディーの加工は特にピックアップするような事がなかったので写真もあまり撮ってません...。
P1070072.jpg
今回はサーモアルダーを使いました。

P1070073.jpg
ルーティング終了後のボディー。

P1070079.jpg
ネックポケットをザグってとりあえず確認。

この後、木地研磨加工に移り、塗装に入っていきます。






で、実は現在すでにカラーリングも終了しております。
P1070152.jpg
こんな感じの少々派手めなカラーリングです!
こうご期待!
スポンサーサイト

ポルノグラフィティ新藤晴一モデルがギタマガに!

Posted by Q210 on 20.2012 ロングスケールで24Fのアーム付き! 2 comments 0 trackback
P1070070.jpg
載ってましたねー♪
ギターマガジンにポルノグラフィティ新藤晴一シグネイチャーのプロトタイプがっ!
何も知らされていなかったので、開けてビックリでした!
気に入って使って頂けているようで一安心です。

P1070071.jpg
しかも、現在製作中の2本に関しても語ってくれていました。
そうなんです!製作中なんです!内容は内緒です!
スケールは635mm変更されてます(これはギタマガに書いてましたね)

気合の入った2本なんで今回も気に入って頂ける事を願っております。
何ともいえない緊張感です...w



さて、前回の続きです。
P1070055.jpg
ロッドの埋め木が挿入され、上面を整えられたネックです。

P1070056.jpg
こんな感じ。

P1070057.jpg
ヘッドの外周をルーティングしてペグ穴も開けました。

P1070060.jpg
ネックの外周もカットしてグリップのアール(丸み)もある程度ルーティングしてしまいます。

P1070061.jpg
で、ここからは手作業!カンナで攻めていきます。
サンダー等を使うと摩擦熱で材料が変形してしまうので、ココはやはりカンナ!

P1070062.jpg
とりあえずこのぐらいでストップ。

P1070063.jpg
手が疲れます...。
で、この後ロッドにテンションをかけて、指板圧着面を整えて、指板を圧着!(この辺の写真取り忘れました...w)

今日はココまで。




New Concept Model!

Posted by Q210 on 06.2012 ロングスケールで24Fのアーム付き! 0 comments 0 trackback
ようやく暖かくなってきましたね。

春ですね。

新たなスタートの時期です。

ニューモデルもようやく形になりそうです。

現在製作中で、5月末頃から市場に出て行く予定です。

出来上がるまでをブログで紹介していこうかと思います。
P1070019.jpg
ネックはハードメイプルです。
とりあえずラフカット。

P1070020.jpg
トラスロッドの溝を掘りまして、

P1070026.jpg
仕込む!

P1070027.jpg
埋め木で蓋をし、接着剤で圧着。
このまましばらく寝かせます。

今日はココまで。

根強い人気?

Posted by Q210 on 06.2011 ロングスケールで24Fのアーム付き! 2 comments 0 trackback
久しぶりの更新です。
忙しいのと暑いので夏バテ寸前でございます。

つい先日パソコンの中の写真フォルダをバックアップがてら整理していると、ま~たくさんの今まで製作してきたオーダーギターの写真があるのですが、中でも意外に多いのがロングスケール(いわゆる648mm)でフレット数が24Fの2点支持系トレモロ(フロイドローズやウィルキンソン)が搭載されたいわゆるスーパーストラト系のギター。
もちろんP.U.レイアウトはH-S-HやH-Hが多いですし、フレイムやキルトのメイプルトップが多い。

やはり定番なんでしょうか、使い勝手も良いですし、ある意味イジリ甲斐もありますしね。

53.jpg
38.jpg
32.jpg

で、SagoのConcept Modelにもそんなモデルがあってもいいかなと。
New_Model.jpg
現在考案中という訳です。
せっかくなんで、他にはない何かを盛り込みたいですね。
アイディア募集中!!w
 HOME 

プロフィール

Q210

Author:Q210
Sago New Material Guitars工房の奥深く、毎日只ひたすらにギターを作る男。
「音楽が好き」「ギターが好き」のバンドでデビュー挫折組み。
次は楽器を作り、アーティストをサポートしていく事で、共に音楽を創造していけたらとたくらんでます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。